おしりの治療日記(切れ痔に悩む女性のためのブログ)

なごみの15年越し切れ痔(裂肛)の治療奮闘記

トイレは5分以内。無理ならいったん諦める。難しい事もある。

f:id:yururimaaruku:20170425072935j:image

今朝はやばかったです。一瞬便秘になりかけました。ひどい切れ痔から3ヶ月弱、だいぶ強くはなってきましたが、まだ皮膚が完全復活していない今の私には、少しの便秘も命とりです。絶対あってはならない事です。

 

なんとか危機は切り抜けましたが、ああ、怖かった。

 

 

風邪をひいたのが始まり

昨日の朝、目覚めたら寒気とがありました。何とか起きたもののめまいと、めまいからの吐き気で、フラフラ、フラフラ。

 

いつもはがっつり食べられる朝ごはんも、食べる気にはなりません。仕方がないから抜こうかなと思っていたら、出かける直前にお腹が少しすきました。時間がなかったので、10分程で卵ご飯を食べました。

 

いつもは冒頭の写真のような野菜サラダを三食食べます。

 

お医者さんからは、1日350グラムと指導されていますので、3ヶ月欠かさず守ってきました。

 

それが昨日は、サラダはランチ一食のみです。そして、今日。

 

始めだけ少しお通じが硬めでした。すごい、たった1日でもこんな事になるんだ。

 

切れ痔は生活習慣病

気をつけなくてはいけませんね。昨日はしんどさのあまり毎朝3食分作っているサラダを作れなかったのですよ。そして昼間もぼーっとしてお水も半分くらいしか飲めなかったのです。

 

お医者さんからは1.5リットル飲むように言われています。

 

まさに切れ痔は生活習慣病だと実感しなおしました。

 

硬い時ほど力まない

お通じが硬くなるとつい力んでしまいますね。私は切れるのが怖くて、細くして出そうと、つい力を入れてしまいます。

 

でもこれは良くない。

 

力を入れると、弱いおしりの皮膚には相当な負担がかかります。特に粘膜ですからね。優しく優しくするべきなんですよ。

 

出ない時こそ深呼吸して出口を緩めて広げます。一休み、あわてない。

 

トイレは5分、無理なら諦める

初めC総合病院に行った時、指導されました。トイレは5分以内。出なかったら諦めてくださいと。

 

今朝も思い出して、深呼吸、ゆつたりして済ませました。何とか5分以内だったかなあという感じです。普段は本当に1分ぐらいでできるようになりましたから、あの頃と比べたら本当に幸せです。

 

1番ひどかった時は、もうそれはそれは1時間頑張ってもほんのそら豆一個程度。何と言っても、おしりからイガグリを出しているような、飛び上がるような痛みです。トイレの手すりを握りしめて下を向いて必死でした。

 

最後の方は寝ている時以外はほとんどトイレにいました。1日何時間トイレにいたんだろう。

 

それでいて出ないんですからね。下痢と便秘が一緒に来たような辛さです。地獄ですよ。

 

5分で諦めろって言ったって無理です。諦めて外へ出たらすぐお腹が痛くなってとに行きたくなる。それでいて1月の終わりとめちゃくちゃ寒い時。ひとときたりとも油断は出来ない。もう、何にもできません。仕事もあんなんでよく行ったものです。

 

本当に辛かった。

 

今は本当に幸せです。もう、二度と戻りたくありません。

 

 


<広告>