おしりの治療日記(切れ痔に悩む女性のためのブログ)

なごみの15年越し切れ痔(裂肛)の治療奮闘記

牛肉を食べた翌日は要注意。自分の腸の事を知るのは大事。

おはようございます。今朝はトイレに20分程かかってしまいました。思い起こせば週末、牛肉を食べてしまったのでした。

 

土曜日はハンバーグランチ。

f:id:yururimaaruku:20170801072821j:image

 

日曜日の夕食は焼肉でした。

f:id:yururimaaruku:20170801072918j:image

 

全ての食事に野菜を添えるよう気を付けています。それでも牛肉を食べた時は水分少なめの出にくいお通じになってしまうのです。それを知っていたから今回はこのぐらいで済んだのだろうと思います。

 

20分ずっと力んでいた訳ではなく、恐る恐るそっと時々頑張るという感じでした。お通じ前だけほんとに軽くチクリとしましたが、全体的には痛みは少なかった。危ない危ない。まだ回復期ですからね。後戻りしないように気を付けないと。

 

お通じというものは「お尻まで到達した時点でかたいと気付いても遅い」というのが難しいところです。だから予測して先手を打っておく事が大事。

 

日頃から何を食べたら翌日、また翌々日どうなるのかというのをよく観察しておく必要があります。野菜と水をしっかりとる。場合によってはお薬の力も借りておくなど。

 

私はまずは野菜と水分。頑張っています。

 

昨夜のサラダです。

f:id:yururimaaruku:20170801072533j:image

簡単ですが、大根、トマト、オクラ、鶏胸肉。これに梅干し、ポン酢、オリーブオイルを混ぜたものをドレッシングとして添えました。梅がさっぱりとして美味しかった。大根に合いますねー。

 

オクラや山芋を入れると粘りが出て、ドレッシングの味を濃く感じるようになります。おそらく粘りのおかげで舌の上に味が長く滞在するからだと思います。油を加えると同じ効果が得られます。ですのでオリーブオイルも合わせています。そのためドレッシングの量が少なくてすみます。

 

暑いですねー。私の住まいは大阪です。今朝は5時頃雨が降りました。涼しいと思ったのも束の間。出かける頃にはお日様サンサンになりました。

 

太陽の日差しがきつくなってきていますね。いよいよ8月。体に気を付けて頑張って乗り切っていきましょう。

 

 


<広告>