おしりの治療日記(切れ痔に悩む女性のためのブログ)

なごみの15年越し切れ痔(裂肛)の治療奮闘記

切れ痔の薬。こんな薬があったらいいのに。

f:id:yururimaaruku:20170725073615j:image

おはようございます。復活中のなごみです。実は2週間程前、扇風機に指を巻き込んで切ってしまったのですよ。子どもみたいでしょう。

扇風機で指切って落ち込む。傷の治りが早くなる絆創膏の存在は偉大。 - ゆるりまあるく

仕事がしんどかったのと、お尻が痛いのとダブルパンチでやらかしました。

 

その時お世話になったのがこちらの絆創膏です。1ミリぐらいにですが切れてしまった皮膚が貼っているだけで綺麗に修復されました。

 

本当にありがたいです。

 

血も抑えられるし、クッションになってくれて痛みも和らぐし。絆創膏ってすごい。普通の絆創膏でもすごいのに、さらにこれは数の治りを早めてくれるんです。あれ以来、買い置きを増やしました。

 

この絆創膏を見ながら、昨夜ふと思いました。

 

お尻の傷にも貼れたらいいのに。

 

夢見たいですよねー。切れた!と思ったらパッと貼れて、痛みも感じずお通じ出来る。余計な力も入らないから、さらに切れることもない。

 

剥がすのは大変そうだから、やがて皮膚が出来てきたら自然に剥がれていく。ボラザの注入軟膏みたいな棒状のものに巻きついていて。「差し込んで膨らませて、10秒ほど経ったら抜いてください。それだけで皮膚に貼り付きます。」とか。

 

洗ったりして患部を清潔に出来ないから無理かな。でも楽になるんだったら頑張って洗いますよ。浣腸みたいなの使ったら洗える。

 

切れ痔パッチ。

 

どうですか。製薬会社さん、何卒お願いします。

 

☆  ☆  ☆

 

そんな事を考えながら眠りにつき、今朝も枕元に置いた水筒で500㎖の水を補給、ボラザ注入。準備万端です。

 

この水筒大作戦はかなり良いです。

 

ところで笑っちゃうと思うのですが、今朝おならをしたら少しくすぐったかったのですよ。ずっとおならは痛かったですからね。嬉しい変化です。

 

ボラザを入れるのもほんの少し痛痒い。痒いっていうことは少し修復されてきたのかなと期待しています。

 

しかし、トイレに行くと下着に鮮血が少し付いていました。全然そんな感じなかったのに切れていたのか。

 

間も無くするんとお通じ。お通じ中は痛みも少なかったです。相変わらず後のジーンはありしたけどね。今日は朝のうちに2回もありました。やっぱりまだ切れています。傷は小さくなっていると信じます。

 

 こちらは今日のサラダです。トマト、山芋、ピーマン、玉ねぎ、おくら。たっぷりのオリーブオイルと少量のポン酢でいただきます。

f:id:yururimaaruku:20170725080359j:image

 

さて、今日も元気に行ってきます!

 


<広告>