おしりの治療日記(切れ痔に悩む女性のためのブログ)

なごみの15年越し切れ痔(裂肛)の治療奮闘記

今年の便潜血検査はやめておきます。大腸内視鏡検査の思い出。

 f:id:yururimaaruku:20170825075443j:image

おはようございます。こちらは今朝の朝ごはんです。簡単ですが、野菜たっぷりです。蒸し鶏のサラダです。レンジで酒蒸しした鶏のささみがのっかっています。先日漬けたアスパラのぬか漬けがなかなか美味しかったです。

 

野菜たっぷりと発酵食品のおかげで、お通じの状態は非常に良いです。飲み薬なしでこれは嬉しい。

 

特定健診の日が近付いてきました。来週の月曜日です。健康診断を専門にしている病院へ毎年受けに行っています。

 

今年は便潜血検査はやめにしようと思います。まだほんの少し切れているのです。ちくりとする程度で、お通じ自体はするんといくのですけどね。

 

潜血反応が陽性と出たところで、その結果をどう見ていいか分からないこらです。

 

4、5年前に陽性が出た時は、大腸内視鏡検査を受けました。おそらくそれも痔の出血だったのでしょう。結果は全く問題なしでした。

 

この内視鏡検査はなかなか大変です。1番しんどいのは検査前です。大量の下剤を飲んで腸の中を完全に綺麗な状態にしないといけないのです。

 

錠剤の下剤を液体の下剤で飲むのです。かなりしんどい。お腹もぐるぐる痛みます。iPadで映画を見ながら待ちました。

 

内視鏡を入れる前には鎮静剤の注射を打つので何となくほわんとした感じです。傷みも無かったと記憶します。終わったら安静にして少し眠ります。

 

それにしても、もうやりたくないです。

 

傷みなくお通じがあって、潜血検査が陰性で、そんな日が待ち遠しい。

 

もうすぐだと信じて頑張ります。

 

では、また。

 


<広告>